ベビー用品を購入しよう|便利なアイテムが豊富

あって良かった便利グッズ

赤ちゃん用品

お世話が楽になる

近年、さまざまなベビー用品が増えてきています。これは、実際に子育てを経験した人の知恵や、アイディアによって生み出されるものが多く、絶対に必要ではないけれど、あれば赤ちゃんのお世話がグッと楽になるというものが多いのが特徴です。例えば、身近なベビー用品では、「おしりふきのふた」があります。おしりふきは、使用頻度も高く、無くてはならないベビー用品のひとつといえますが、それ故にふたを開け閉めする回数も多いものです。通常のおしりふきは、テープで留めるようになっていますが、繰り返し開封することで隙間があいたり、テープが破れてしまったりもします。そんなときに便利なのが、この「おしりふきのふた」です。繰り返し使える両面テープが付いているので経済的ですし、隙間があいて、おしりふきが乾燥することもありません。また、近年ではさらに、ワンプッシュでふたが開くものも出ていて、これを使えばおむつ交換がスムーズになります。他に、離乳食がはじまったら重宝するのが、「洗えるスタイ」です。このスタイは、ビニール製なので、食べこぼしや飲みこぼしもサッと水で流すことができます。また、この洗えるスタイの中には、下部が折り返しポケットになっていて、食べこぼしや飲みこぼしが床に落ちないように工夫されているものもあります。最後に、ベビー用品は日々種類が増えていますし、進化していて便利になっているものが多くあります。普段何気なく使っていて、不便だなと感じることがあれば、それについて常に情報を求めるようにすれば、より効率的に、そして快適に赤ちゃんのお世話ができるようになるかもしれません。

選ぶポイント教えます

おしりふきを選ぶ際のポイントは主に3つあります。それはシートの水分量、厚み、水の成分です。その理由は水分量がしっかりとあれば拭きやすく、厚みがある程度あれば枚数を使わずに済むからです。そして水の成分次第では、お口や手を拭くこともできるからです。是非選ぶ際の参考にしてみてください。

赤ちゃんをあやすには

赤ちゃんがなかなかお布団で寝てくれない、というときに役立つのがバウンサーです。横にゆらゆらスイングしたり、上下にバウンドして付属のおもちゃで遊べたりする商品です。様々なタイプがありますから、どのような場面で使いたいかを考えて選ぶとよいでしょう。

体形の変化に対応します

マタニティ下着は体形の変化に対して、締め付けのないゆったりとした構造のものや、授乳がしやすい構造のものが多い傾向です。利用することで、下着によるストレスがすくなく済むほか、胎児の成長への妨げも防止します。